HOME » 技術情報 » バッグオンバルブ

バッグオンバルブ


バッグオンバルブの特徴

1. バリアパックシステム
専用ハウジングにバッグが溶接されたバルブです。
内容液はバッグの内側にプロペラントは外側に、内容液とプロペラントを分離して充填できます。

2. バッグ
PP 、OPA 、ALU及びPET の4層の膜で構成される高いバリア性を有する多層バッグです。

3. プロペラント
プロペラントとしては、主に圧縮ガスを使用します。
LPG を使用する際は、バッグ内に移送し、製品に影響するか否かのテストが必要です。